食生活の見直し

食生活の見直し

子供の歯磨きをする際に虫歯にならないようにするためには食生活の見直しというのもポイントになってきますが、乱れた食生活を送っていると虫歯のリスクを高めることになるので注意が必要です。
食生活がどのように虫歯に関わってくるのかという点については特に糖質が多い食事をしていると虫歯になるリスクを高めると言われていますが、これは子供の頃の歯磨き指導などでも言われることで、特に糖質を多く含んでいるお菓子は虫歯菌の大好物になるので虫歯のリスクを高めてしまいます。
また、子供の歯磨きをする場合は食後に歯磨きをするというのがポイントになっていますが、食べる回数が増えるとそれだけ歯磨きをしなければならない回数が増えることになります。
しかし、実際には間食が増えてくると食べた後に必ず歯磨きをするということは無くなってくるので食事をする場合はできるだけ回数を減らすこともポイントで、間食についてもできるだけ減らすことがポイントになります。
虫歯になる食生活を考えた場合に食事の種類を意識する人は多いと思いますが、大切なのは食事の種類よりも食事の方法になるので食生活の見直しをする場合は食べるものだけでなく食べるタイミングや歯磨きのタイミングなどを考える必要もあります。
子供の歯磨きをするのも食事が終わってから出来るだけ早いタイミングで行うことが虫歯の原因細菌の生成を抑制することに繋がってくるので、しっかり意識して行うようにしましょう。

関連ページ

子供の歯磨きをしていても虫歯になることがある
子供の歯磨きは虫歯予防や歯の健康を守るという意味でも大切なことですが、乳歯の間にしっかり歯磨きをして環境を良くすることができたかどうかが将来的に歯の健康を損なうことに対するリスクの低減にも繋がってきます。
大人が口をつけたご飯は食べさせない
虫歯になるのは虫歯菌という細菌が口内で繁殖して歯に影響を与えることによって起こる症状ですが、元々虫歯菌は口内の中に存在しておらず、親の口から子供の口に侵入することが多いと言われています。
虫歯になった場合の対応
子供の歯磨きを入念に行っていても虫歯になってしまう場合もありますが、子供の歯磨きがしっかりできていないという理由だけでなく体質的に虫歯になりやすい子供もいるので、子供の歯磨きができてなかったと自分を責めるのではなくしっかり虫歯の治療を進めて行きましょう。