大人が口をつけたご飯は食べさせない

大人が口をつけたご飯は食べさせない

虫歯になるのは虫歯菌という細菌が口内で繁殖して歯に影響を与えることによって起こる症状ですが、元々虫歯菌は口内の中に存在しておらず、親の口から子供の口に侵入することが多いと言われています。
特に大人が口をつけたご飯を子供が食べることにより、食べ物を媒介して子供に虫歯菌を運んでしまっていることが少なくなく、これが原因になって幼児期の虫歯の原因を作っていることがあります。
子供が小さい時は硬い物を咀嚼することが難しいので親が噛んで軟らかくした食物を子供に与えるようなケースもありますが、これは虫歯菌をかなり与えることにもなるので虫歯のリスクを高めるという点から見ると避けるべきことです。
また、食事をした後に子供の歯磨きをすることはもちろん大切ですが、本来であれば歯磨きをしなくても虫歯になるほどの細菌は口内に存在してないということも考えて子供との接し方などを考える必要があります。
子供の歯磨きは虫歯の予防の観点からだけでなく口内環境を保つという意味でも重要な役割を果たしているので食事をした後にはしっかりと歯磨きをして口内の状態を整えることは大切です。
虫歯になる原因にはいろいろあるのでどのような原因で虫歯になるリスクを高めるのかということも虫歯予防を考える上では重要なポイントになります。
放っておくと乳歯でもいずれは永久歯に影響を与える可能性がある虫歯菌なので早いうちからケアをしっかりする必要もあります。

関連ページ

子供の歯磨きをしていても虫歯になることがある
子供の歯磨きは虫歯予防や歯の健康を守るという意味でも大切なことですが、乳歯の間にしっかり歯磨きをして環境を良くすることができたかどうかが将来的に歯の健康を損なうことに対するリスクの低減にも繋がってきます。
食生活の見直し
子供の歯磨きをする際に虫歯にならないようにするためには食生活の見直しというのもポイントになってきますが、乱れた食生活を送っていると虫歯のリスクを高めることになるので注意が必要です
虫歯になった場合の対応
子供の歯磨きを入念に行っていても虫歯になってしまう場合もありますが、子供の歯磨きがしっかりできていないという理由だけでなく体質的に虫歯になりやすい子供もいるので、子供の歯磨きができてなかったと自分を責めるのではなくしっかり虫歯の治療を進めて行きましょう。