子供の歯磨きをしていても虫歯になることがある

子供の歯磨きをしていても虫歯になることがある

子供の歯磨きは虫歯予防や歯の健康を守るという意味でも大切なことですが、乳歯の間にしっかり歯磨きをして環境を良くすることができたかどうかが将来的に歯の健康を損なうことに対するリスクの低減にも繋がってきます。
子供の歯磨きをしても虫歯になることはありますが、これは歯磨きの問題だけでなく子供の体質にも影響する部分があるので一概には言えません。
ただし、しっかり子供の歯磨きをすることによって虫歯の発症リスクを抑えることはできるので日頃から食事をした後には時間がかかっても子供の歯磨きをして虫歯にならないように心がける必要があります。
また、自分ではしっかり子供の歯磨きができているように思っていても歯と歯の間に歯垢が溜まっていてそれを歯磨きでは十分に取り除くことができてない場合や奥歯の歯垢なども取り除くことができてないことがあるので、これによって虫歯のリスクを高めてしまっていることがあります。
虫歯ができる理由にはいろいろあるので一概には言えないところもありますが、気を付けないといけないのは放っておくと歯だけでなく周りの歯茎などにも影響を与えることです。
また、マウスピースなどを使って口腔ケアをするという方法もあるので歯磨きだけでなく他の方法でも口内環境を改善させることを意識することで虫歯の発症率を下げることができます。
他にも生活習慣などが原因になっていることがあるので生活を見直すことも予防的観点から必要です。

関連ページ

大人が口をつけたご飯は食べさせない
虫歯になるのは虫歯菌という細菌が口内で繁殖して歯に影響を与えることによって起こる症状ですが、元々虫歯菌は口内の中に存在しておらず、親の口から子供の口に侵入することが多いと言われています。
食生活の見直し
子供の歯磨きをする際に虫歯にならないようにするためには食生活の見直しというのもポイントになってきますが、乱れた食生活を送っていると虫歯のリスクを高めることになるので注意が必要です
虫歯になった場合の対応
子供の歯磨きを入念に行っていても虫歯になってしまう場合もありますが、子供の歯磨きがしっかりできていないという理由だけでなく体質的に虫歯になりやすい子供もいるので、子供の歯磨きができてなかったと自分を責めるのではなくしっかり虫歯の治療を進めて行きましょう。